「ARROWS NX F-06E」紛失・盗難に備えて導入したいアプリが「AndroidLost」これがが神アプリに思える件

 

スマートフォンの紛失・盗難に備えて導入しておきたい遠隔操作アプリ「Android Lost」

 

 

手元にない端末にさまざまな操作を実行することが可能

 

スマートフォンには大事な個人情報やデータが満載されており、いざ紛失・盗難に遭った場合、早めに対処しないと大変なことになる。

キャリアに電話してスマホ自体の利用を停止するのも一つの手だが、自己防衛として導入したいのがこの「android Lost」。

パソコンかのWebブラウザから専用のWebサイトにアクセスして、離れたところにある自分の末端にさまざまな命令・操作を実行できる優れモノだ!

その機能は、

  • SMSを読む、送信する
  • アラームを鳴らす
  • 末端にロックをかける
  • 末端・SDカードのデータを削除する
  • アプリトレイのアイコンを隠す
  • GPSで位置情報を取得する
  • 末端のカメラ写真を撮影する
  • 末端の周囲の音を録音する

など実にたくさんの機能を搭載している神アプリなのだ!

なお、この機能をフルに使うにはアプリの「管理者権限」を有効にする必要がある。

また、利用にはグーグルアカウントとパスワードが必要なのでセキュリティ的には問題ないが決して悪用しないようにしよう。

 

 

Android Lost 2.46
カテゴリ: ツール
販売元: Theis Borg
サイズ: 187k
インストール数: 1,000,000~5,000,000
更新日: 2013年1月15日
対応OS: Android2.2 以上
平均評価: 4.5 (16,308件の評価)
Google Playで詳細を見る

 

 

 

 

「Aodroid Lost」の設定方法

 

アプリ起動時に管理者権限を取得してサイトにアクセス

 

 

 

1.アプリ初回起動時に管理者権限を取得

 

 

「android Lost」を起動したら「Request Administrator rights」をタップ。なお、アプリを削除するにはこの画面でメニューキーを押し、「Advanced」を選択する。

 

 

2.管理権限を有効にする

 

「デバイス管理者を有効にしますか?」という画面が表示されるので、「有効にする」をタップ。これで管理者権限を所得できる。ここから先の操作はパソコンで行う。

 

 

3.AndroidLost.comにアクセス

 

パソコンのWebブラウザから

http://androidlost.com/」

にアクセス。まずは右上にある「Sign in」というリンクをクリックする。

 

4.Googleアカウントでログインする

ログインにはGoogleアカウントを利用する。表示されているメールアドレスがスマートフォンで使っているものに間違いないか確認し、パスワードを入力してログイン。

 

5.Googleアカウントと連携する

「許可する」をクリックするとAndroid Lostのサイトで末端を操作できるようになる。「この承認は30日間~」にチェックしておくと有効期限が設定される。

 

6.メニューから操作を選択

 

「Controls」のメニューから末端を操作することが可能。操作はカテゴリごとにメニュー分けされているので、英文表記だが扱いやすいようになっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.