「ARROWS NX F-06E」ナビゲーションバーの使い方

 

ナビゲーションバーにある「バック」「ホーム」「メニュー」の3アイコンは、Android操作に欠かせないものなので、各アイコンの機能と役割をしっかり理解しておきたい。「ARROWS NX F-06E」では、新たに「スライドディスプレイ」アイコンも追加された。

 

1.4つのアイコンの名称と配

ナビゲーションバーに並ぶ4つのアイコンは、左から順に「バックアイコン」「ホームアイコン」「メニューアイコン」「スライドディスプレイアイコン」と呼ぶ。このうち「スライドディスプレイアイコン」については、「設定」→「ディスプレイ」→「スライドディスプレイ」で設定変更すれば、非表示にもできる。

 

 

2.「メニューアイコン」でオプションメニューを呼び出す

「メニューアイコン」をタップすると、オプションメニューが表示される。現状の画面で使用できる設定項目が表示されるので、開いている画面によってその内容も異なる。たとえばホーム画面の表示中に「メニューアイコン」をタップすると、「きせかえ」「壁紙」などの項目が表示される。

 

3.いつでもホームアイコン画面に戻れる「ホームアイコン」

「ホームアイコン」をタップすると、ほかのアプリを使用中でもすぐさまホーム画面に戻ることができる。

 

4.ひとつ前の画面に戻る「バックアイコン」

「バックアイコン」は文字通り「戻る」ためのアイコンで、タップするひとつ前に開いていた画面に戻ることができる。例えばアプリケーション画面から何かのアプリを起動した後、「バックアイコン」を1回タップすると、先ほどのアプリケーション画面が再び表示される。

 

5.片手操作の際に役立つ「スライドディスプレイアイコン」

画面サイズが5.2インチとかなり大きいので、片手持ちの親指操作では画面の上の方に指が届きにくい。「スライドディスプレイアイコン」をタップすると、現在表示されている画面全体が下に移動するので、親指でも無理なく操作可能だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.