「ARROWS NX F-06E」文字入力の基本操作を覚えよう

 

スマートフォンでは画面上に表示されるソフトウェアキーボードを使って文字を行うが、「ARROWS NX F-06E」には富士通独自の「NX!nput」が標準搭載されており、自分にあったキーボードレイアウトと入力方法で文字入力を快適に行うことができる。

 

入力方法が「NX!nput」になっていることを確認

 

1.文字入力状態で通知パネルを開く

ソフトウェアキーボードでは文字入力の段になると自動的に表示されるので、ここでは練習として「Google検索」ウェジェットをタップしてみよう。キーボドが現れたら、ステータスバーを下にドラッグして通知パネルを表示させる。

 

2.「NX!nput」を選択する

通知パネルを開いたら、その中にある「入力方法の選択」をタップし、「NX!nput」をタップしよう。

 

「テンキーボード」と「QWERTYキーボード」の切り替え

 

「NX!nput」には、携帯電話に似た操作性の「テンキーボード」と、PCのキーボード配列に近い「QWERTYキーボード」があり、使いやすい方を選んで文字入力ができる。「テンキーボード」の表示中に「MENUキー」をタップし、表示されたメニューで「QWERTYキーボード」をタップすると、「QWERTYキーボード」に切り替えある。「テンキーボード」に戻したいときも同様の手順で切り替えればよい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.