「ARROWS NX F0-6E」バッテリーをできるだけ長持ち察せるベスト設定はこれだ

 

省電力アプリ「NX!エコ」を活躍しよう

 

1.NX!エコを起動する

設定を開き、「末端」の欄にある「NX!エコ」をタップして、アプリを起動しよう。

 

 

2.エコモードを開始する

大きなボタンのある画面が表示される。ボタンをタップすることでエコモードが起動し、バッテリーの消費を抑えられる。

 

 

3.設定の変更を行う

詳細設定を開くと、電池残量が少なくなったり、指定した時間帯になった際に自動でエコモードを起動するよう設定できる。

 

 

4.エコモード自体の設定変更できる

エコモードの状態も細かく決められる。スリープ時間変更や、WI-Fiのオン/オフなど、エコモードの際に設定しておこう。

 

 

5.不要アプリは更新しない

使わないユーザーいるであろう「ドコモアプリ」。使わないなら更新通知も不要なので「設定」→「ドコモサービス」→「アプリケーション管理」から切る。

モバキャスの画面表示を消す方法

 MmbServiceProcess解除方法

 

6.通知バーを下ろして機能のオン/オフ

通知バーを下ろすと、WI-FiやGPSなどの機能を気軽にオン/オフできるパネルが表示される。普段はオフにしておけば余計な電池消費を抑えられる。

 

 

ハイスペック末端をなるべく長時間使うためには?

 

ARROWS NX は、夏モデル最大級の3020mAhのバッテリーを誇っているため、それほど気にはならないが、充電の回数は少なくできればそれにこしたことはないので、いくつかの設定を変更して、可能な限り長い時間、スマホが使えるようにしておこう。

 

省エネに必要な基本条件としては「なるべく無駄な通信はしない」、「無駄な機能は切っておく」といった点。具体的には画面の明るさ調整やアカウントの同期、外出先のWi-Fi、マップなどを使用しないときのGPSなどがあげられる。

 

スマートフォンは初期設定状態のままだと以外に余計な設定や機能を実行していることが多いため、これらを見直すだけでもバッテリー問題はかなり改善される。

 

ARROWS NX F-06Eに標準で搭載されている「NX!エコ」はバッテリーの残量に応じてバッテリー消費の大きい機能を自動でオフにしてくれる。

 

また、ARROWS NX F-06Eに余計なアプリをインストールしていたり、使わないウェジェットをホームに配置することもバッテリー消費の原因。アプリのアップデート確認や常駐アプリが、バッテリーを消費してしまうためだ。

 

使わないアプリやウェジェットはこまめに削除し、定期的にARROWS NX F-06Eを再起動することで、末端が安定動作して無駄な電池消費を抑えられる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください