「iphone5s/5c」の気になる料金プランの評判、口コミ

まずは、ドコモの「iphone5s」「iphone5c」の新規契約・機種変更・MNP・月々の料金プラン

 

・月々の通信料

基本使用量:780円

ネット料金:315円

パケット定額・パケホーダイ:5460円

テザリング:無料

合計:6,555円

末端代一括購入の場合、毎月6,555円かかります。

・iphone5s、末端代コミの月額料金

月々の通信料:6555円

分割払い金:3990円

月々サポート割:16GB-3990円・32GB-3570円・64BG-3150円

合計  16GB=6555円+通話料・32GB=6975円+通話料・64GB=7395円+通話料

iphone5cの端末代コミの月額料金は、16GB・32GBも月額6,555円+通話料になります。

 

口コミ、評判

ドコモ、au、ソフトバンクの料金が出そろい評価は、ドコモに軍配が上がっている模様。価格面でドコモが最安値となっているため。

新規契約・機種変更でも料金が変わらないのが評価が高いようです。ただ、料金設定がドコモが最安値といっても他社との差はそれほど大きくなく、特にソフトバンクユーザーは、わざわざドコモにNMPするほどのものではないという声も聞かれている。

iphone5s・iphone5cの電波問題は、ソフトバンクの方がやや不利と聞かれていたfが、改善されたソフトバンクの電波事情もわるくなく、快適に使えるのでそれほど気にする必要はないという声が聞かれていた。

ソフトバンク、KDDIは既存顧客をいかにドコモに逃げないよう引き留めている一方、NTTdocomoは、他社に逃げた顧客をいかに引き戻すかで全力をかけています。

今回のiphone5s/iphone5cに対するNTTdocomoの本気度は?

 

 

 

NTTドコモは、他社にMNPしたユーザーが再びMNPで戻ってくるよう「おかえり割」を実施しています。「おかえり割」は、基本使用料2年間0円に割引。それに加えMNP前に持っていたドコモポイントを機種購入代金から相当額を割り引くことができます。iphoneがドコモにないがために他社へ移ったユーザーは、願ってもないチャンスになります。

ソフトバンクは、「下取り」を月々の支払から引くシステムです。たとえば、iphone5の64GBを下取りに出した場合、1万8千円を直接機種代金にひくのではなく、1000円×18カ月の割引を月々割に上乗せするという形になります。

KDDIは、直接機種代金から「下取り」額を引けるのでとても魅力です。なのでKDDIが「下取り」では優位に立っています。

ところが、ソフトバンクとKDDIは自社で販売したiphoneしか下取りしませんが、NTTdocomoは、他社でも下取りOK!となっています。ようするに、NTTドコモのiPhone 5s/5cにMNPするとき、SoftBankとKDDIで利用していたiPhoneを下取りに出すことができるのです。

ということで・・・NTTdocomoの本気度がうかがえる今回のiphone5s/iphone5cはまさにiphone戦国時代なのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.