「docomo iphone5s/5c」キーボードを操作する

 

 

iphoneでは、大きく分けて日本語かなと文字、English(US)の3種類のオンスクリーンキーボードが利用できます。それぞれのキーボードに入力方法と切り替え方法を知っておこう。

 

キーボードの種類

 

1.日本語かな

「日本語かな」は、かな入力のときに便利。携帯電話の文字入力と同じ感覚で入力が可能。

 

 

2.絵文字

絵文字が入力できるキーボード。絵文字はメールに使用することもできる。

 

 

3.English(US)

English(US)では、アルファベットが入力できる。アドレスやパスワードの入力時などに利用する。

 

 

4.キーボードを切り替える

キーボードは地球儀をタップすると切り替わる。または、地球儀を長押しすると一覧が表示されるので、そこから切り替えることも可能。

 

 

 

日本語かなキーボードで日本語を入力する

 

1.日本語を入力する

日本語かなキーボードでは、携帯電話と同じように連続でキーをタップする。

 

2.小文字や濁点を入力する

文字入力時に赤枠をタップすると、その文字に濁点を付けると、その文字に濁点を付けたり小文字nしたりすることができる。

 

 

 

フリック入力で文字を入力する

 

1.ガイドを表示する

日本語かなキーボードでは、フリックして文字を入力するフリックが利用できる。例えば「な」キーを長押しすると、十字方向に「な」行の文字が表示される。

 

 

 

2.フリック入力

そのまま指を離さずに「の」の方向にフリックすると(指を引く)、「の」を入力できる。

 

3.素早くフリック入力する

キーを長押しせず、素早くフリックすることでも、対応する文字を入力できる。

 

 

日本語かなで英字・数字・記号を入力する

 

日本語かなキーボードでABCをタップすると、テンキーで英字が入力できる。次に☆123をタップすると、テンキーで数字・記号が入力dきる。英字・数字・記号のいずれも、フリック入力に対応している。

 

 

 

English(US)キーボードで英語を入力する

 

1.アルファベットを入力する

English(US)キーボードでキーをタップすると、アルファベットが入力される。↑のタップ後に入力すると、アルファベットが大文字で入力できる。大文字で連続して入力したいときは、↑を2回連続でタップする。

 

 

 

2.数字キーボードを表示する

数字や記号を入力するには、123をタップする。

 

 

 

3.記号キーボードを表示する

その他の記号を入力するには、数字キーボードで♯+=をタップする。

 

 

 

音声入力を利用する

 

キーボードに表示されているマイクをタップすると、音声入力が利用できる。キーボードが「English(US)」のときは、音声は英語として認識されている。日本語で音声入力したいときは、キーボードを「日本語かな」に変更した上で音声入力を利用しよう。

 

 

絵文字を入力する

 

1.絵文字のカテゴリを設定する

使用したい絵文字のカテゴリをタップする。

 

 

 

2.絵文字を入力する

絵文字の一覧を左右にスワイプし、目的の絵文字をタップすると、選択した絵文字が入力される。

 

 

 

文字をコピー&ペーストする

 

1.ルーペを表示させる

コピーしたい文字の上で長押しすると、ルーペが評される。

 

 

2.文字をコピーする

指を離すとメニューが表示されるので、〈コピー〉をタップすると、文字がコピーできる。

 

 

 

3.文字の選択範囲を変更する

◯をドラッグすると、文字の選択範囲が変更できる。

 

 

 

4.ペーストしたい位置にカーソルを合わせる

ペーストしたい場所を長押しして、ルーペを表示させる。そのままドラッグして、文字をペーストしたい位置に文字カーソルを移動させる。

 

 

5.文字をペーストする

指を離すと「ペースト」が表示されるので、タップする。

 

 

6.ペーストが完了する

コピーした文字がペーストできました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.