「iphone5s」2倍高速化された新型「A7プロセッサ」が、不具合をおこす確率が2倍?

 

iphone5sのアプリが不具合を起こす確率は、iphone5やiphone5cの2倍であることを調査結果が発表されました。

AndroidなどもOSが新しくリリースするとアプリの互換性に問題が起こりますが、今回はiphone5sのみ、ということなので違いといったらiphone5sに組み込まれている新型のA7プロセッサに問題があるということは間違いなさそうです。

逆にアプリ開発者が64bit版iOS7環境での動作確認を完璧にできていないということも言えると思います。A7プロセッサで処理速度2倍になりクラッシュ率も2倍になったのでは、なんとも皮肉なものです。

毎度のことですがアプリ開発者がiphoneの性能にこれからも後追いしていくことになるのではないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.