「Xperia Z1 SO-01F」画面が消える時間が短すぎるので長くしたい!

 

A:スリープまでの間隔を長く設定してみよう

 

Xperia Z1は30秒間なにも操作しないとスリープ状態になり、ディスプレイがオフになる。バッテリーの保ちを考えて短めの設定になっているのだが、画面を見ている最中にオフになると電源キーを入れ直さなければならないのが面倒だ。

 

そこで、「画面設定」の「スリープ」から自分の使い勝手にあわせて変更しよう。最大で30分まで可能だ。また、電源に接続しているときはディスプレイをオフにしたくない場合は、「開発者向けオプション」にある「スリープモードにしない」を有効にしよう。

 

なお、「開発者向けオプション」は標準では表示されないが、「ビルド番号」を5回タップするという特殊な操作で「設定」に表示されるようになる。

 

1.スリープに間隔を変更

「設定」→「画面設定」で「スリープ」を選ぶと、無操作時にスリープに入るまでの時間を30秒から30分に間で設定できる。

 

2.充電中はスリープをしない設定にする

「設定」→「開発者向けオプション」から「スリープモードにしない」にチェックを入れると、充電中はスリープしなくなる。

 

開発者向けオプションに表示

「設定」から「端末情報」を開き、「ビルド番号」を5回タップすると開発者向けオプションが表示される。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください