まだ間に合う!いや、早くしないと間に合わない!iphoneひとつで年賀状を簡単に作成して印刷する年賀状作りに挑戦!

 

「iphoneだけで年賀状を作って自宅のプリンタで印刷したい!」と考える人も多いはず。ここで紹介する「ローソン年賀状『午』」を使えば、テンプレートに素材を配置するだけで年賀状を作成でき、はがきに印刷して最寄りのローソンまたは自宅へ届けてもらえる。

 

もちろん、自宅AirPrint対応プリンタで印刷できるので、注文しなくても無料の年賀状作成アプリとして使うことができる。

 

ただし、ローソン年賀状アプリには、はがきの宛名を作成する機能はない。そこで宛名は「筆まめアドレス帳」を利用しよう。これはphoneの連絡先から住所や氏名などを読み込み、はがきの表面を作成できるアプリだ。

 

これら2つの無料アプリをを使えば、iphoneひとつで手軽に年賀状を作れてしまう。結婚式などのパーティの招待状や、各種あいさつ状などに応用することも可能だ。

テンプレートを利用して写真入りの年賀状を自宅プリンタで印刷!

 

テキストや手書き文字も配置できる♫

 

1.写真年賀状のボタンをタップ

 

ローソン年賀状アプリを起動したら、トップ画面左の「写真年賀状を作って注文する」ボタンをタップ。

 

2.テンプレートを好みで選ぶ

 

「写真1枚」「写真2枚」「写真3枚」のどれかをタップし、画面をスワイプで切り替えて、好みのデザインを選ぼう。

 

3.iphoneで撮った写真を張り込む

 

左の「写真」をタップし、グレーの枠をタップ。配置する写真を撮影するか、カメラロールから写真を選択しよう。

 

4.ピンチ操作でトリミングや回転

 

配置した写真はピンチ操作で拡大・縮小・回転が可能。終わったら写真をタップすると枠内に貼り込まれる。

 

5.60種類あるスタンプを配置

 

左の「スタンプ」をタップすると、イラストを配置できる。ドラッグして移動でき、ピンチ操作で拡大・縮小が可能だ。

 

6.テキストや手書き文字を配置

 

左「文字」ではテキスト入力 で「手書き」では手書きで文字を配置できる。文字の色や太さも指定できる。

 

7.年賀状データをiphoneに保存

 

カートをタップすると作成データをSNSなどに送信できる。カメラロールに保存するには「本体に保存する」をタップ。

 

8.カメラロールを確認してみよう

 

本体に保存したデータは「写真」アプリ内に画像として保存される。自宅のプリンタで印刷するには↑をタップしよう。

 

9.プリンタを選択しよう

 

メニュー一番下の欄から「プリント」をタップ。なお、この機能が利用できるのはAirPrint対応プリンタのみ。

 

10.AirPrint機器で年賀状を印刷

 

「プリンタ」の欄に自宅のWi-Fiに接続されているAirPrint対応プリンタを指定。部数などを指定してプリントしよう。

 

11.きれいに印刷された!

お店に注文するよりも安価で早い!しかも、すべて手元のiphoneで、ものの10分で作成できたのには驚き!

 

 

「筆まめ」を利用して宛名を印刷しよう!

 

筆まめアドレス帳

無料
(2013.12.18時点)
posted with ポチレバ

400円のアドオンを購入し、「連絡先」のデータを利用する機能を使おう!

 

 

1.「連絡先」データを自動で読み込む

 

アプリを起動すると連絡先のデータが自動的に読み込まれて表示される。宛名に印刷したい人をタップしよう。

 

2.「印刷する」をタップしよう

 

このアプリから直接電話やメールをすることもできるが、プリントするには「印刷する」をタップしよう。

 

3.プレビューを確認しよう

 

住所・氏名がレイアウトされるので要確認。◻️でははがきの種類と文字の方向を、a では文字の種類を変更できる。

 

4.自分の住所氏名をレイアウトする

 

人マークをタップして連絡先データから自分の情報を選択すると、自分の住所・氏名などがレイアウトされるので要確認。

 

5.印刷するにはアドオン購入

 

プリンターマークをタップしてアドオンのページに進み、Apple IDを入力(または指紋認証)して支払いを済ませよう。

 

6.AirPrint機器で印刷しよう

 

プリンターマークをタップして印刷画面に進んだら、AirPrint対応機器を指定し、部数などを決めたら「プリント」をタップ。

 

7.レイアウト通りに印刷される

まるでパソコンから行なったのと変わらないきれいさで印刷された。郵便番号もきちんと枠内に収まっている。

 

オススメAirPrint対応機器

 

私が今回購入したのが、Mac推奨のHPofficejet4620です。購入した理由は、以前使っていたキャノンのプリンターの調子が悪かったのでちょうど買い替えを検討していたのと、ファックスが自宅になかったのでファックス機能搭載のプリンターが欲しかったからです。

 

MacのホームページにHPかエプソンがAirPrint対応と表示されていたので、レビュー記事も問題なく安価なHPを選びました!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください