「Xperia Z1 f SO-02F」は完成度の高い最新コンパクトスマホだ

 

国産の人気AndroidスマートフォンシリーズXperiaの最新モデル「Xperia Z1」は、先頃登場したフラッグシップモデル「Xperia Z1」を絶妙なコンパクトボディにリモデルした大注目機種だ。

 

大画面化とは一線を画す4.3インチのディスプレイを搭載した手のひらに馴染むボディは、女性でも扱いやすく、片手操作にも支障がない。デザインもXperiaシリーズならではの洗練されたフォルムで、定番のブラック、ホワイト、に加え、ヴィヴィッドなピンクやライムといったカラーバリエーションも魅力だ。

 

もちろんスペックにも隙はなく、Z1に搭載された2.2HzクアッドコアCPUや史上最高性能を誇るカメラはそのままZ1にも継承されている。主流となりつつある5.0インチモデルは大きすぎるが、本体スペックは妥協したくない。

 

そんな要望に応える唯一のモデルで、発売を待ち望んでいたユーザーも多いはずだ。このように完成度の高いXperia Z1 f をはじめてのスマートフォンとして手に取ったユーザーも多いはずだ。

 

操作の出発点となるホーム画面や標準アプリは2種類用意されている

 

アプリによってデザインが表記が異なる

 

Xperia Z1 fをはじめとするAndroidスマートフォンで、操作の出発点となるが、アプリやヴィジェットが配置されている「ホーム画面」。そのホーム画面を動かしているのが「ホームアプリ」で、アプリによってデザインやメニューを変更することができる。

 

ソニーモバイル製で本体デザインともマッチする洗練されたインターフェイスが特徴の「Xperia」と、通信キャリアであるNTTドコモ製の「ドコモ」の2つだ。

 

ホームアプリの変更方法

 

ホームアプリは、初期設定時に選択するが、あとからでも変更可能。「設定」→「個人設定」→「優先アプリ設定」→「ホームアプリ」でいつでも変更できる。同じくロックが面もソニー製とドコモ製が用意されているので優先アプリ設定から選択しよう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください