iphone5、音声認識機能とSiriの初期設定と基本的な使いかた

 

声で質問すると声で答えを返したり、ユーザーの要望を実行してくれる「Siri」まず初期設定を済ませて、起動可能な状態にしておこう。

Siriの初期設定を行っておこう

「Siri」を使えばさまざまな操作を実行してくれる

iphone4sから新たに導入されたこのサービスは、瞬く間にiOSの目玉機能として認知されるようになった。そんなSiriを利用するにはいくつかの設定が必要になる。

まずは、ここで紹介している手順を参考にしながら、Siriを利用可能な状態にしておこう。

また、「音声フィードバック」「常にする」にしておけば(初期設定ではそのように設定されている)、ユーザーのイントネーションや口調を学習し、音声認識の精度が高まる。

使い始めて間もないころは、声質によっては誤認もあるが、この機能によって改善が見込める。

Siriを起動して話しかけてみよう

音声を認識してさまざまな操作を実行してくれる

音声を認識する擬人化アシスタントのSiriを使えば、アプリの起動やネット検索もカンタンに実行できる。Siriを利用したい場合は、ホームボタンを長押しして話しかけてみよう。

アプリの起動や情報の呼び出しなど、さまざまな操作が実行できる。話しかける際は、なるべくはっきりとした口調でないとうまく認識されないこともあるので注意。

 

Siriで実行できるそのほかの機能

驚くほど高機能なSiriの機能

特定の相手にメッセージを送る、会議のスケジュールを設定する、友達に電話をかける、アーティストを指定して楽曲を再生するなど、Siriを使って実行できることは想像よりもはるかに多い。

仕事からプライベートまで、さまざまなシーンで活躍してくれるはずだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.