「Xperia Z1 f SO-02F」Googleアカウントに連絡先を保存する

 

 

標準で利用できる連絡先アプリ

 

XperiaZ1fが標準搭載する連絡先アプリは、ソニーモバイルコミュニケーションズの「連絡先」とドコモの「ドコモ電話帳」の2つ。「ダイヤル」とスムーズに連携する「連絡先」がメインだが、docomoアカウントの連絡先をクラウドで保存したいなら、「ドコモ電話帳」の利用が必要となる。

 

連絡先

「ダイヤル」アプリの連絡先タブから同じ画面で操作できる。ソニーモバイルコミュニケーションズの標準連絡先アプリ。ここではこのアプリでの操作をメインに解説していく。

 

ドコモ電話

帳連絡先をdocomoアカウントで保存している倍、この「ドコモ電話帳」でドコモクラウドを有効にすれば、Googleアカウントと同様にクラウドで保存・同期できるようになる。

 

連絡先の保存先に選べるアカウント

 

XperiaZ1fでは、連絡先の保存先として「Googleアカウント」か「docomoアカウント」に保存しても問題ないのだが、他社製スマートフォンやiPhoneに乗り換える際は、連絡先を一度microSDカードに出力したり、Googleアカウントに保存し直して同期する必要がある。

 

またオンラインで連絡先をバックアップできるドコモクラウドも、「ドコモ電話帳」の利用が必要で容量制限もあるなど、いろいろ制約が多い。

 

対して、Googleアカウントなら何の操作も必要なく、同じアカウントを使うだけで、他社製スマートフォンやiPhoneでも同じ連絡先を利用できる。GoogleアカウントはどちらにしてもPlayストアの利用などに登録が必須なので、連絡先もGoogleアカウントにまとめておこう。

 

Googleアカウント

保存先

Googleのサーバ

 

メリット

・連絡先を作成した時点でGmailの連絡先と同期するため、バックアップする必要がない。

 

・ドコモ以外のスマートフォンや、iPhoneに乗り換える際も、同じGoogleアカウントを追加するだけで連絡先を同期できる。

・パソコンのブラウザから連絡先を管理・編集できる。

 

デメリット

・特になし

 

連絡先が同期されない場合は、自動同期がオフになっている。設定の「アカウント」欄にある、「自動同期」のスイッチをタップしてオンにしよう。

 

 

docomoアカウント

保存先

・ドコモクラウド、または本体の内蔵アプリメモリ

 

メリット

・「ドコモ電話帳」でドコモクラウドをオンにしておけば、連絡先を作成した時点で自動的にクラウドと同期する。

 

・パソコンのブラウザから連絡先を管理・編集できる。

 

デメリット

・「ドコモ電話帳」+ドコモクラウドの組み合わせで使わない場合は、「ドコモバックアップ」で「お預かりセンターへ保存」を実行しないと、連絡先がサーバー上に保存されない。

 

・クラウド保存できる連絡帳の容量は50MB。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.