「xperia Z1f SO-02F」との比較、違いとは?

 

 

ワントップだった「xperia Z」と異なり、大画面フラッグシッップ「xperia Z1 SO-01F」と小型化と高性能を両立させた「xperia Z1f SO-02F」の2つに分かれた”xperia Z”シリーズ。基本的なスペックは共通化されており、画面サイズ・ボディサイズ以外に大きな違いはない。

 

姉妹機「xperia Z1 SO-01F」は史上最強の大型モデル

 

「xperia Z1 SO-01F」は、日本国内史上向けの「おサイフケータイ」や「赤外線通信」、「テレビ」(ワンセグ/フルセグ)といった機能を備え、防水/防塵構造を採用したユーザー&利用シーンを選ばないスペックの充実が特徴。

 

とにかく高スペック&大画面なスマートフォンが欲しいというパワーユーザー向けの製品だ。カラーナインナップは「ブラック」「ホワイト」「パープル」の3種類。

 

「xperia Z1 SO-01F」は、3,000nAhの大容量バッテリを採用

 

「xperia Z1 SO-01F」は、3,000mAhの大容量バッテリを搭載する。ただし、着脱できないため、別途購入して交換するといったことは対応していない。バッテリ性能が落ちたと感じたら、あるいは不具合がおきた場合はドコモショップでの修理となる。

「xperia Z1 SO-01F」のバッテリ性能は、連続待受時間(LTE/静止時)610時間、連続通話時間(3G)で約720時間となっている。

 

「xperia Z1f SO-02F」のバッテリは、2300mAh

 

「xperia Z1f SO-02F」は、2300mAhのバッテリを搭載する。「xperia Zシリーズ」共通の特徴としてバッテリ容量こそ減っているものの、画面サイズが小さくなったおかげで待受・通話時間に大きな差はない。

 

「xperia Z1f SO-02F」のバッテリ性能は、連続待受時間(LTE/静止時)約450時間、通話時間(3G)約580時間となっている。

 

CPU&GPUも同じ

「xperia Z1 SO-01F」に搭載されたCPUは、「xperia Z1f SO-02F」と同じくクアルコム製2.2GHzクアッドコア「MSM8974」。GPUは、「xperia Z SO-02E」で採用されていた「Adreno 320」(Snapdragon S4 Pro)と比べ2倍の処理性能があるという「Adreno 330」を搭載している。こちらも「xperia Z1f SO-02F」とまったく同じだ。

 

「xperia Z1 SO-01F」は約5.0インチ大型ディスプレイ

「xperia Z1 SO-01F」に採用されたタッチディスプレイは、約5.0(1980×1080ピクセル)と従来機の「xperia Z SO-02E」と同じだが、その実”質”は大幅に向上している。

「xperia Z1 SO-01F」では、色の再現性や色彩表現に優れた”トリルミナスディスプレイ”のモバイル版「トリルミナスディスプレイfor mobile」を採用。ソニーがテレビなどの映像分野で展開しているディスプレイ技術をxperiaに取り組んだ形だ。

 

「xperia Z1f SO-02F」は高精細な約4.3型

 

「xperia Z1f SO-02F」は高精細な約4.3型のタッチディスプレイを搭載したハイエンドコンパクトモデルだ。xperiaZ1と同様のスペックを有している点も見逃せない。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.