docomo「Xperia Z2 SO-03F」初期設定の説明書、手順方法

 

Xpria Z2 SO-03F」の初期設定の手順を詳しく説明致します。

 

 

  1. サイドにある電源ボタンを2秒ほど長押しして、言語を日本語にしたら「ようこそ」という画面が表示され、初期設定ウィザードが開始される。右下の「→」ボタンをタップして、次のステップし進もう。
  2. 続いて「Sonyワールドに参加」画面が表示され、Sony Entertainment Networkアカウントの登録を勧められるが、右下の「→」をタップして次のステップに進もう。
  3. 続いて各種アカウントの登録画面。FacebookやTwitterはあとで必要になれば登録できるので、まずは必須となる「Google」をタップしよう。「自動同期」もデフォルトのままオンにしてく。
  4. Googleアカウントの設定画面になる。Googleアカウントの設定画面になる。Googleアカウントをまだ取得していないなら、「いいえ」をタップしよう。取得済みなら「はい」をタップしてログインを済ませる。
  5. 「いいえ」をタップすると、まず名前の入力が求められる。姓名を入力し、右下の三角ボタンをタップ。
  6. Googleアカウントの登録が済んだらGoogleアカウントのパスワードを忘れた場合でもあとから再設定できるように、再設定オプションを登録しておこう。「再設定オプションをセットアップ」をタップ。
  7. 電話番号と予備のメールアドレスを入力し、右下の三角ボタンをタップ。パスワードを忘れた際には、これらのアドレスに再設定用のSMSやメールが届く。
  8. 「Googleアカウントへのデータのバックアップ」のチェックを確認し、右下の三角ボタンをタップ。位置情報などもチェックしたままでよい。
  9. 続いてGoogle+の登録画面になるが、ひとまず「今は設定しない」をタップしてスキップしてよい。あとでGoogle+を利用する際に改めて参加できる。
  10. Playストアで利用するためのクレジットカードの登録が求められるが、これもあとで必要になったら登録すればよい、「後で行う」をタップしてスキップしよう。
  11. 「Xperiaアプリケーション」にチェックを入れ、右下の「→」をタップしよう。
  12. 以上でXperia Z2の初期設定は完了となる。右下の「終了」ボタンをタップしよう。
  13. 「ソフトウェア更新」と「端末エラー情報送信」の確認されるので、それぞれ「OK」をタップする。
  14. 続いてドコモサービスの初期設定を進めていこう。「すべてのリンク先の内容に同意する」にチェックして「進む」をタップ、画面の指示に従ってdocomo IDを設定しよう。
  15. まずdocomoIDを設定する。「IDをこの端末に設定する」にチェックし「進む」をタップ、画面の指示に従ってdocomoIDを設定しよう。
  16. 次にドコモクラウドの設定。「クラウドを有効にする」にチェックし「進む」をタップ、画面の指示に従ってクラウドを有効にしよう。
  17. 「パスワードを設定する」にチェックし「進む」をタップ。ドコモアプリパスワードは初期設定値が「0000」なので、好きな4〜16字の半角英数字で新しいパスワードに変更しておこう。
  18. 「位置情報を提供する」にチェックして「進む」をタップすれば、スマートフォンの紛失時に便利な「ケータイお探しサービス」などを利用できる。
  19. 「今すぐインストールする」にチェックして「進む」をタップすれば、ドコモのアプリを一括インストールできる。後で自動インストールすることも可能だ。
  20. 以上でドコモサービスの設定は終了。「使い始める」をタップすればホーム画面が表示される。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.