「Xperia Z2 SO-03F」Wi-Fi、無線LANに接続してより高速にインターネットを楽しもう

 

接続が簡単でメリットも多いWi-Fiをきっちり利用しよう

 

ドコモのデータ通信も充分高速だが、電波の速度や安定性、データ通信量の制限などを考えると自宅ではWi-Fiでネット接続するのがベストなスタイルだろう。

 

Wi-Fiは自宅のインターネット回線とさまざまな機器をワイヤレスで接続する技術で、Xperia Z2にも接続機能が搭載されている。自宅のネット環境が光回線であれば、非常に高速で安定した通信が可能だ。

 

YouTubeなどの動画再生や大きなサイズのデータの送受信などは、Wi-Fiの方がストレスなく利用できる。初期設定時にもWi-Fi接続の手順が出てくるが、そこで未設定の場合は、下記の通り接続を行う。

 

 

Wi-FiルータとXperia Z2をWPS機能で接続する

 

1・Wi-Fiルータを用意しておく

 

まずはWi-Fiルータを用意し、モデムとの接続設定を済ませておこう。

 

 

2・ルータの表示名を確認しておく

SSIDをあらかじめ確認しておこう。SSIDはWi-Fiルータにほとんどの機種にシールが貼られている。

 

 

3・接続設定画面を開きWi-Fiをオンにする

「設定」やクイック設定ツールから設定を開き、一番上にある「Wi-Fi」右のスイッチをタップしてオンにする。さらに、「Wi-Fi」の文字をタップしよう。

 

 

4・接続するルータのSSIDが表示される

周辺のWi-FiルータSSIDが一覧表示される。自分のWi-FiルータのSSIDが表示されていることを確認しよう。見つからない場合は、オプションメニューボタン→「スキャン」で検出する

 

 

5・WPSアイコンをタップする

左下の表示されているのが、パスワード入力不要でルータに接続できる「WPS」接続アイコン。SSIDを確認したら、これをタップしよう。

 

 

6・WPS対応機器の検出が開始される

WPS対応機器の検出が開始される。インジケーターがすべて青くなる前に、ルータのWPSボタンを押そう。

 

 

7・Wi-FiルータWPSボタンを押す

Wi-Fiルータ本体の「WPS」ボタンを押そう。1~2秒ほど長押しする。

 

 

8・Wi-Fiネットワークに接続成功

少し待機していると「Wi-Fiネットワーク◯◯◯に接続しました」と表示されるので、「OK」をタップ。これでWi-Fi接続が完了した。

 

 

9・Wi-Fi接続でネットを利用する

ステータスバーにWi-Fiアイコンが表示されていれば、Wi-Fi接続でネットを利用できる。ブラウザなどを起動して、接続を確認してみよう。

 

 

手動でWi-Fiルータに接続する

 

1・自分のルータのSSIDをタップする

WPSを使用しない(もしくは非対応のルータで接続する)場合は、手動で接続設定を行う。SSID一覧が表示されたら、自分のルータのSSIDをタップ

 

 

2・パスワードを入力して「接続」をタップ

SSIDと同じくシールなどに記載されているパスワード(KEY)をここに入力し、「接続」をタップすれば接続できる。「パスワードを表示」にチェックを入れると入力しやすい。

 

ポイント!一度設定したルータには自動で接続できる

一度接続したSSIDは接続設定が保存され、Wi-Fiをオンにするだけで自動接続される。自動接続を解除するには、接続中SSIDをタップして「設定を削除」をタップ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください