iPhone6/6Plus便利な使い方!裏ワザ操作テクニックまとめ

文字をすばやく選択するワザ

iPhone6の操作で少々面倒なのがテキスト中の文字列の選択だ。うまく選べず、何度もやり直ししたことはないだろうか?そんなときは、選択したい文字列をダブルタップしよう。すると単語単位で選択できる。

 

より長い文字列の場合は、先頭の単語をダブルタップし、そのまま範囲をドラッグして選択するといい。スピーディーかつ確実に文字列を選択できるはずだ。

 

また2本指でタップすると、パラグラフ全体が一発で選択できることも覚えておこう。

 

 

間違ってタップしてしまった・・・そんなときは指を離さない

アプリやApplestoreなど操作中、ボタン間違ってタップしてしまった。そんな時はあわてず、指をボタンから離さないようにしよう。

 

iPhoneのインターフェイスは、ボタンから指を離した瞬間に動作が確定するようになっている。そこで、画面から指を離した瞬間に動作が確定するようになっている。

 

そこで、画面から指を離さずに、違う場所に移動させよう。ボタンなどがない場所まで移動できたら指を離してOK。ボタンはタップしていない状態に保たれる。ゲームアプリなどのボタンも使える技だ。

 

 

同じひらがなを連続入力するときは

慣れると高速で入力できるフリック入力だが、言葉によっては入力しにくいこともある。それが、同じひらがなの連続入力だ。「たたかい」と速く入力しようとすると、「た」が「ち」になってしまう。

 

そんなときは、「設定」→「一般」→「キーボード」→「フリックのみ」をオンにしよう。すると、連続したひらがなもすばやく入力できるようになる。またキーボードの配列も若干変わり、数字入力への切り替えが容易になる。

 

 

文字入力の選択肢が広がるiOS8

iPhone6の文字入力機能は優秀だが、選択肢は1つしかなかった。しかしiOS8では、Apple以外のキーボードアプリも選べるようになった。

 

パソコンでおなじみの「ATOK」(ジャストシステム)やAndroidで人気の「Simeji」(パイドゥ)、そして手書き日本語入力で定評のある「mazec」(MttaMoji)などが対応を表明している。自分に合ったアプリを選択して、より快適な文字入力環境を実現しよう。

 

 

街中なのに圏外に表示になってしまった・・・そんな時は機内モードをオン・オフ

いつもは問題なく入る街中、しかしなぜか圏外表示になてしまう・・・。そんな時は、いったん「設定」にある「機内モード」をオンにしてすぐにオフにしてみよう。すると電波状況が復活することがある。それでも直らないときは、SIMカードを入れ直してみる。OSのバージョンを確認しアップデートしてみる、といった操作も試してみるといい。

 

「機内モード」はiPhoneの「設定」の一番上によういされている。本来は航空機の中など、電波の発信をすべてoffにするべき場所で用いる機能。オン/オフすることで、電波状況が復活することがある。コントロールセンターで呼び出すことも可能だ。

 

iPhone6/6Plusでテザリングを利用したい

テザリングとは、スマートフォンなどをアクセスポイントにして、パソコンやタブレットなどをネットに接続する機能。

 

iPhoneでも、もちろんテザリングは可能だ。ただし、auとソフトバンクの場合は有料(月額500円)の「テザリングオプション」を申し込む必要がある。

 

利用を開始するには、「設定」の「モバイルデータ通信」を開き、「インターネット共有」をタップ、表示された画面で「インターネット共有」をオンにすればいい。

 

※テザリングを開始するには「インターネット共有」をオンにする。アクセス時のパスワードも同じ画面から確認できる。

 

 

付属イヤホン2を撮影時の手ぶれを防ぐ方法

iPhoneのカメラは、カメラアプリの画面のシャッターボタンのほか、本体側面のボリュームボタンを押すことで撮影ができる。

 

だが、じつはもう1つ方法がある。それは付属のイヤホンケーブルを使えば、本体を触らず撮影ができるので、手振れが防げる。

 

また腕を伸ばすことなく”自分撮り”が可能になるメリットもある。

 

※カメラアプリを起動した状態のイヤホンケーブルwp接続する。押すボタンは、ボリュームの「+」「-」のどちらでもOKだ。iPhone本体に触れることなくシャッターが切れるので、手振れしにくい。

 

 

ミュージックを付属イヤホンで操作する

付属のイヤホンには、実はまだ隠された機能がある。それが音楽再生をリモートコントロールするワザだ。音量調節のための「+」と「-」の間の中央部分を押すことで、iPhoneで起動中の「ミュージック」をいろいろと操作することができる。たとえばダブルクリックしてそのままホールドすると、曲が早送りになる。主な操作方法を下の表にまとめてみた。またコントローラーにはマイクもついているので、℡を受けたりハンズフリー通話をすることも可能だ。

 

イヤホンでできるミュージックの操作

中央ボタンをクリック 再生/停止
中央ボタンをダブルクリック+ホールド 早送り
中央ボタンをダブルクリック 次の曲へ
中央ボタンをトリプルクリック+ホールド 巻き戻し
中央ボタンをトリプルクリック 曲の頭へ

 

 

着信時にLEDを光らせるワザ

iPhone6に備わっているLEDフラッシュは、メール、電話やメッセージの着信時に光らせることができる。

 

「設定」の「アクセシビリティ」で、「LEDフラッシュ通知」をオンにしよう。なお、一度だけではなく複数回通知してほしい場合は、「設定」で「メッセージ」をタップして「通知を繰り返す」に進むと、メッセージの通知を2分おきに繰り返すことも可能だ。

 

 

 

画面を横に倒すと使える便利な機能

iPhone6の標準アプリには、横画面にすることで、表示や機能が変わるものがある。たとえば、「計算機」アプリには横画面表示にすると関数電卓として使用でき、「ミュージック」アプリはCDジャケットの一覧が表示され、ジャケットをタップすればアルバム情報が表示される。また、「カレンダー」アプリの標準画面では、一画面で1日分のスケジュールしか表示できないが、横画面にすれば5日分のスケジュールを見渡せるので便利だ。

 

 

ロック画面の通知からアプリを起動する

ロック画面にアプリの通知が表示される際には、アイコンを右にスワイプしょ、ロック解除のパスワードを入力すればダイレクトにアプリを起動することができる。また、ロック画面に不在着信の通知が表示されているときは、「電話」アプリのアイコンを右にスワイプすれば、ロックを解除しなくても折り返しの電話を発信することが可能だ。

 

 

 

Safariでもページ内検索ができる

Safariで開いているウェブサイトでページ内検索したい場合は、まず画面上部の検索欄にキーワードを入力しよう。すると、「このページ」という項目が表示され、ページ内での検索結果とキーワードの検出件数が確認できる。さらにここで「”~”を検索」(~には検索したキーワードが入る)をタップすると、キーワードに該当する箇所がページ内に黄色いマーカーで表示されるようになる。

 

 

 

ウェブサイトのショートカットを作る

よく閲覧するウェブサイトがある場合は、ホーム画面にショートカットアイコンを作っておくといい。ショートカットを作りたいページで「共有メニュー」を開き、「ホーム画面に追加」をタップすれば、ホーム画面にそのページのアイコンが配置される。サイトを表示でぃたいときには、このアイコンをタップするだけでページが開くので、とても便利だ。

 

 

いちいちメールを開かず内容を確認するワザ

メールの受信ボックスには、受信したメール一覧とその文面の冒頭がプレビューで表示される。このプレビューは初期設定だと2行になっているが、「設定」の「メール/連絡先/カレンダー」で「プレビュー」をタップすれば行数の変更が可能だ。メールをいちいち開封するのが面倒な人は、プレビュー表示の行数を5行に設定しておこう。これで開封をしなくても、ある程度のメールの文面を確認することができる。

 

 

下書き保存したメールを簡単に呼び出す

一度下書きして保存したメールは「メールボックス」の「下書き」から確認できるが、いちいちこのボックスを開くのが面倒な場合もある。そんなときは「メール」アプリの画面右下にある「新規メール作成」アイコンを長押しすれば、保存してある下書きメールをすばやく表示することが可能だ。なお、「新規メール作成」アイコンは「メール」アプリのすべてのページで表示されている。

 

 

今日届いたメールだけをまとめてチェック!

その日に届いたメールだけをまとめて管理/確認したい場合は、「メールボックス」の画面右上にある「編集」をタップし、「今日」にチェックをいれて「完了」をおタップしよう。これで、その日届いたメールがまとめて管理される。「今日」のメールボックスをうつでも開けるようになる。なお、メールボックスは自分で新規作成することも可能だ。

 

 

Siriとの会話を楽しもう

音声コマンドでiPhineを操作できるSiriは便利な機能だが、質問次第で面白い答えをすることがある。意外な答えが出てくることもあるので、いろいろ試してみよう。また、標準では女性の声に設定されているSiriだが、「設定」の「Siri」にある項目で男性の超えに変更することが可能だ。

 

 

iPhone6/6Plusを急いで充電するコツ

出かけようとしてiPhoneを見るとバッテリーが少ないなど、iPhine6を急いで充電したいという場面はあるだろう。そこで少しでも早く充電できる方法を紹介。

 

まず、充電はPCのUSBボートではなく、コンセントから直接行うこと。また、充電もiPhoneは動作しているので、電源を切っておくといいだろう。電源を落としたくない場合は、機内モードにしておくだけでも使用電力は抑えられるので、効果的だ。ただし、電話やメールの着信もできないので、注意が必要だ。

 

 

パソコンのiTunesで確実にバックアップ!

iCloudを利用することでiPhone6の主なデータのバックアップは可能だ。パソコンのiTunesを使うことで着信履歴や壁紙を含むすべてのバックアップをパソコン上に保存できる。また、アップデートやiPhone6の復元の作業もスムーズに行える。

 

 

 

iTunesでアプリの管理が便利に

iTunesの便利な機能のひとつにアプリの管理画面がある。必要なアプリのみを選んでiPhone6と同期したり、ホーム画面に配置するアプリもiTunes上で操作することが可能だ。全体を見渡せるので、アプリの整理をする際には便利だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください